歩人庵の住まい徒然

hoteiaoi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 16日

近藤等則と「継獅子」

「わたしが子どもだったころ」と言うNHKの番組を見ました。
近藤等則の今治の子供時代の話で
私には、なかなか面白かったのです。

近藤等則は、京都大学工学部卒のジャズトランペッター。

そんなに聞いている訳ではありませんが
私は、彼のジャズが結構好きなんです。

番組の中で今治のお祭り「継獅子」の練習の場面が出てきました。

大人が子供を肩の上に立たせて踊る獅子舞も良かったのですが
お囃子がちょっと日本離れしたリズムのような感じで、とても魅力的でした。

近藤等則のジャズの原点かな、と思わせるものでした。

近藤等則のジャズも久し振りに聞いてみたいのですが
今治の「継獅子」は、是非、見てみたいな、と思いました。
[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-02-16 01:40 | 音楽 | Comments(0)


<< カンピドリオ広場      オオバン、ハシビロガモ >>