歩人庵の住まい徒然

hoteiaoi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:茶碗( 3 )


2016年 05月 23日

茶碗抄・・・・・逸翁美術館

「王羲之から空海へ」を見た後、逸翁美術館へ。

ここでは、「茶碗抄」なる展覧会。

この美術館は、行った事無かったんだよなあ。

分かり易くて、良い展示だったんだけど、日にちが経ったんで、忘れてしもうた・・・・・・

やっぱり、野分と名付けられた井戸茶碗かなあ。
c0197004_1633436.jpg

c0197004_1634818.jpg
c0197004_164071.jpg
c0197004_1641058.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村クリックしていただけるとウレシイ!

歩人庵のHP
環境建築設計工房

homifyとhouzzにも掲載しています。

homify での 酒井光憲・環境建築設計工房

Houzzに登録している岩国市麻里布町, 山口県, JPの酒井光憲さん

[PR]

by yamasyakuyaku | 2016-05-23 16:06 | 茶碗 | Comments(0)
2009年 01月 22日

光悦の「雪峰」

ブログ村 美術ブログ

光悦の茶碗の一つに畠山記念館所持の「雪峰」があります。
数年前、石川県立美術館で初めて見たのですが
胴に刻み込まれた金継の大胆さに感動を覚えました。

そして、茶碗を見ながら思ったのです。

深山の渓谷のように茶碗の表面を覆う金継は
現代美術の抽象表現を遥かに凌いでいるのではないか、と。
[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-01-22 16:44 | 茶碗 | Comments(0)
2009年 01月 14日

光悦の茶碗

私は、茶碗が好きです。
でもって、去年は、光悦と楽の茶碗を見る為に
東京、京都へと遠征して参りました。
東京では、「大琳派展」と「森川如春庵の世界」
大琳派展では
光悦の「雨雲」「峰雲」「紙屋」
「森川如春庵の世界」では
同じく光悦の「時雨」「乙御前」
京都では、楽美術館で楽代々の茶碗と
光悦の「立峰」
ただただ、溜息が出るだけの世界です。
森川如春庵と言う人は、十代で「時雨」と「乙御前」を
手に入れたと言う事ですから、何をか言わんや、ですなあ。
林屋晴三さんは
「光悦と長次郎の茶碗に勝るものは無い」と
断言していらっしゃいます。
一度、あんな茶碗でお茶飲みてえー!
[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-01-14 16:42 | 茶碗 | Comments(0)