カテゴリ:パリ( 8 )


2009年 03月 14日

マドレーヌ寺院

聖女マグダラのマリアを祭るカトリック教会。

マドレーヌ教会とも言われる・・・
教会と寺院の違いって何なんやろ。

古代ギリシャ、ローマ神殿を模して
高さ30m、コリント様式の柱が52本並んでいます。

教会としては、異例のネオ・クラッシク様式。
1842年完成。

c0197004_123976.jpg



c0197004_12392090.jpg



c0197004_12393347.jpg



c0197004_12394585.jpg



c0197004_12395915.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-03-14 12:42 | パリ | Comments(0)
2009年 03月 12日

オペラ座

にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村

ネオ・バロックの典型。
設計者の名前から、ガルニエ宮とも呼ばれています。

1860年、設計コンペが行われ、一等賞は無かったのですが
シャルル・ガルニエの案が採択される事となりました。

1875年完成。

私の所持しているエコール・デ・ボザールの図集の中に
このオペラ座の図が掲載されています。
溜息が出るような美しい図面です。

エコール・デ・ボザールで教育を受けた数少ない日本人建築家
「中村順平」が、ガルニエを絶賛しています。

実物を見、図面を見ると
打ちのめされて、建築やる気無くなりますけど・・・

c0197004_2114446.jpg



c0197004_2114561.jpg



写真にはありませんが
昔、ホール天井のシャガールの絵を初めて見た時、感動しました・・・です。
エッ、こんなところに!
イイナア!
シャガールの絵の下でオペラを鑑賞するんやーッ!
みたいな感じでした。

着飾った、紳士、淑女が、この階段を上り下りしながら
華麗な社交を繰り広げ、オペラを鑑賞するんだあ・・・・

東洋の島国の木造建築とは、エライ違うわ!

c0197004_21154749.jpg



c0197004_2115599.jpg



c0197004_21161264.jpg



c0197004_21164552.jpg



c0197004_21165750.jpg



c0197004_2117856.jpg



c0197004_21172047.jpg



c0197004_21173157.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-03-12 21:36 | パリ | Comments(0)
2009年 02月 14日

モンマルトルの丘

モンマルトルの丘と麓の風景。

c0197004_1151873.jpg



c0197004_115339.jpg



c0197004_1154686.jpg



観光名所として有名なサクレ・クール寺院。
完成したのは、20世紀になってからで、エッフェル塔より新しい。
ビザンチン様式とロマネスク様式の混合。
c0197004_1161362.jpg



c0197004_1162641.jpg



c0197004_116596.jpg



c0197004_1171235.jpg



c0197004_1172447.jpg



c0197004_1173682.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-02-14 01:27 | パリ | Comments(0)
2009年 02月 11日

ヴォージュ広場

美術ブログ 建築・建築物

ヴォージュ広場は、パリ最古の広場と言われています。
そんなに大きくはありませんが、緑のある魅力的な広場です。

王の館、王妃の館の名称が今でも残っています。

ヴィクトル・ユーゴー始めとして、著名人が住んでいた事でも
知られており、パリでは、最も高級な地区と言う事らしいです。

広場と言う言葉が、建築界であまり語られなくなって
久しいように思います。

過剰なまでの思い入れで
「市民」と「広場」が語られていた時代の熱気は
どこに行ってしまったのでしょうか。

c0197004_1230306.jpg



c0197004_12304345.jpg



c0197004_12312513.jpg



c0197004_12311116.jpg



c0197004_12313632.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-02-11 12:40 | パリ | Comments(0)
2009年 02月 10日

エッフェル塔

泣く子も黙るパリ名物、エッフェル塔。

下から見上げた鉄骨のシルエットがこんなに綺麗だとは・・・

昔、初めて見た時、そんな風に思いました。

装飾的な要素を捨てきれない、モダニズムへの過渡期の建造物って
何か、独特の魅力が感じられる。

手仕事の痕跡みたいなものが残っているからでしょうか?

c0197004_1527307.jpg



c0197004_1525358.jpg



c0197004_1523189.jpg



遥かに見えるは、モンパルナス・タワー。
c0197004_153142.jpg



シャイヨー宮。
デファンス地区もおぼろげながら見える。
c0197004_1153111.jpg



c0197004_15301021.jpg


c0197004_15331296.jpg



c0197004_15321150.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-02-10 15:44 | パリ | Comments(0)
2009年 02月 07日

パンテオン

にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村

パンテオン。
ギリシャ語で万神殿の意味との事。

ローマにもあるが、これは、パリのパンテオン。

ジャック・ジェルメン・スフロ設計、新古典主義の傑作。

サント・ジュヌヴィエーヴ教会として建設され
現在、フランスの偉人たちを祀る霊廟として使われている。

c0197004_13495837.jpg



c0197004_13503069.jpg



c0197004_13504782.jpg



c0197004_1351061.jpg



端正で冷んやり、且、圧倒的内部空間。
c0197004_13543980.jpg



c0197004_1354555.jpg



c0197004_13551382.jpg



c0197004_13553076.jpg



c0197004_13554614.jpg



c0197004_1356080.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-02-07 13:52 | パリ | Comments(0)
2009年 01月 14日

サントシャペル

ノートルダムから見たサントシャペル
c0197004_1515575.jpg



ゴシック建築の驚異と言われる内部のステンドグラス
c0197004_152464.jpg



c0197004_1521352.jpg



c0197004_1522883.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-01-14 15:08 | パリ | Comments(0)
2009年 01月 13日

ノートルダム大聖堂

全景
c0197004_1135165.jpg



正面上部
c0197004_11434276.jpg



正面下部
c0197004_11542774.jpg



側面、バットレス
c0197004_1130431.jpg



背面
これがなかなか美しい
c0197004_238481.jpg



パンテオン遠望
c0197004_12444081.jpg


サンシュルピス教会遠望
c0197004_12441140.jpg


サクレクール遠望
c0197004_12421917.jpg



c0197004_12552540.jpg



ポンピドー美術館遠望
c0197004_1465423.jpg



高塔、ガーゴイル、天使
c0197004_1243034.jpg



尖塔、ガーゴイル
c0197004_12414090.jpg


高塔詳細
c0197004_1240208.jpg



ガーゴイル
c0197004_12485796.jpg



内部薔薇窓
c0197004_1239444.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-01-13 23:14 | パリ | Comments(0)