<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 19日

和木町 関ヶ浜 疫神社の大タブ

茸にでも出会えないかと思いながら
散歩していたら
とんでもない所に出てしまった。

和木町関ヶ浜と言う所だった。

疫神社の
樹齢五百年とも言われるタブの巨木。

大昔、大蛇が巻きついていた故事に倣い
藁で造った大蛇が巻きつけられている。

藁なのに妙に生々しい。

日本中に蛇にまつわる故事来歴があり
蛇に関連したお祭りがあるようだ。

何なんだろう。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。

c0197004_2310443.jpg



c0197004_23111127.jpg



c0197004_23113943.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-07-19 23:18 | 巨樹・巨木 | Comments(4)
2009年 07月 10日

ラパス

ラパスとは
ポルトガル語で平和の意味との事。
ボリビアの実質上の首都。
(憲法上の首都はスクレと言う所らしい。)

標高、3,600m。
擂鉢状の地形に位置しており
擂鉢の下部に富裕層が住んでいる。

にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。

c0197004_2227385.jpg

坂の街の雰囲気が見て取れる写真が1枚。
[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-07-10 22:30 | ボリビア | Comments(0)
2009年 07月 06日

ヤマドリタケ

毎日、夕方1時間程、散歩に出かけます。

自分では、仏教徒だと思っていますので
散歩の途中、必ず、お寺に立ち寄り、般若心経を唱えます。

一人で生きて来て、自由と言うか、ラクチンな事も多いのですが
実は、この年になると、孤独感が凄い。

これが、結構辛い。

で、気持としては、仏様に頼っている、縋っているところがある。

でも仏様って、何なんや!
仏教徒って、何なんや!

都合の良い時だけ、頼るなんで、イイカゲンやな、とか

本当は、ぐだぐだ能書きを語らず
全てを捨てて、絶対他力に縋ると言うのが真宗的な考えなんだろうな、とか

と言いつつも
解脱に向かって修行するのもありかな、とか
四国88ヶ所巡りもイイかな、とか

迷っているふりをしながら、悩んでいるふりをしながら
生活しております。

実は、こんな話をする積もりではなく
散歩の途中
お寺の境内の山裾にヤマドリタケを見つけたのです。

ヤマドリタケは、ヨーロッパで、日本の松茸に相当する位の代物らしい。
インターネットでも色んなレシピが見て取れる。

どうして食べようかしらん。

c0197004_2224338.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-07-06 22:36 | 散歩 | Comments(2)
2009年 07月 01日

シュスタニ遺跡

チチカカ湖の湖畔の街、プーノから30数キロ離れた所にあるプレインカの遺跡。

でかい現代彫刻にも見えるんですけど
石造の円筒構造物は、チュルパと呼ばれる墳墓です。

墳墓の向こうに見えるのは、ウマヨ湖。

この辺りでお知り合いになった日本人で
島田正郎さんと言う人がいらっしゃった・・・なあ!
(実は、インターネットで調べながら思い出しつつ書いております。)
明治大学の総長で
蒙古の法典を研究している方でした。

研究のし過ぎで目に障害が出てしまった、とか聞いたような覚えが・・・

目に障害が出る程、勉強、研究されたんだあ・・・と我ながら情けない感心。

にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。

c0197004_1154259.jpg



c0197004_1155115.jpg



c0197004_116124.jpg



c0197004_1161549.jpg



c0197004_1162710.jpg



c0197004_1163652.jpg



c0197004_1164748.jpg



c0197004_1165715.jpg



c0197004_117637.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2009-07-01 01:28 | ペルー | Comments(2)