歩人庵の住まい徒然

hoteiaoi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 26日

茅の輪くぐり

「茅の輪くぐり」を初めて、経験しました。

鹿野(山口県周南市)の山沿いに
神社、仏閣が点在する「清流通」を散策して来たのですが
そこで思いがけずも
「茅の輪くぐり」に出会いました。

「清流通」はそんなに長い道程ではありませんが
なかなか、魅力的な散歩道でした。

散策の道に面する神社仏閣の一つに
二所山田神社があり
我々が訪れた時、丁度地元の人々が
茅の輪くぐりの為の「茅の輪」を製作中でした。
珍しい祭時に出会ったと、皆さん、大喜び。

完成するのを待ち
地元の方の御好意で
くぐらせていただきました。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。

製作中の茅の輪。
c0197004_16181661.jpg

完成して、御祓いを受けている。
c0197004_16184740.jpg

完成した茅の輪。
c0197004_16191573.jpg

茅の輪くぐりをする。
c0197004_16195779.jpg

鬱蒼とした鎮守の森。
c0197004_16201417.jpg

神社の境内は、山野草も豊富。
モリアオガエルの卵もありました。

「茅の輪くぐり」
以下ネットの解説に依る。

夏越祭(なごしのまつり)といって茅の輪をくぐる祭事が
6月から7月下旬にかけて、全国各地の神社で見られます。

夏越祭は六月祓(みなつきばらえ) が祖形で、夏越の祓いともいわれます。
これは旧暦6月と12月晦日の年2回、大祓いを行って
これからの生活の無事を祈ったことの名残です。

夏越は、邪気を払って暑い夏を健康で暮らし、夏を越せるようにという意味です。
この時にくぐる大きな輪は、イネ科の茅(チガヤ)で作ったので、茅の輪と呼ばれました。

輪をくぐる時、左足から入り右足で出て左右左と8の字にまわります。
茅が祓いの霊力をもつのは、葉先が鋭く剣のようになっているためです。
茅の輪をくぐる時に
「六月の夏越の祓いをする人は 千歳の命(よわい)延ぶというなり」と唱えました。
[PR]

by yamasyakuyaku | 2010-06-26 16:38 | あちこち | Comments(2)
2010年 06月 23日

気になるタンクローリー

何時も気になっていたんです。

ステンレスの鏡面仕上でピッカピカのタンクローリー。

タンクに満たされている物は、何なのか解りませんが
何となく、劇薬じゃないだろうか、なんて想像してしまいます。

ピッカピカの鏡面に映る光景が
シュールで好きなんだなあ・・・私としては・・・

で、高速道で目の前に
そのピッカピカのタンクローリーが現れたんで
以下の写真になった訳です。
c0197004_22524898.jpg
c0197004_22525982.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2010-06-23 22:54 | あちこち | Comments(2)
2010年 06月 16日

窓ガ山

窓ガ山に登る。
広島、五日市、魚切ダム付近から登頂。

標高711.2m。

西峰と東峰に挟まれたキレットが美しい、岩稜の山。

標高は低いが
鎖やロープの急登部分もあり
結構、山らしい。

帰りは、湯来温泉の湯来ロッジでお風呂。
真新しい国民宿舎で、気持が良かった。

頂上の近くの岩稜を見る。
c0197004_1727866.jpg
c0197004_172727100.jpg

魚切ダム方向を見る。
c0197004_17281721.jpg

瀬戸内方面を見る。
c0197004_17274898.jpg

首なし地蔵。
c0197004_1728878.jpg

c0197004_17275847.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2010-06-16 17:35 | あちこち | Comments(2)
2010年 06月 09日

萩往還

東鳳翩山からの下山は
萩往還を利用しました。

史跡として整備されているらしく
なかなか美しい街道でしたが
トレッキングシューズで石畳を歩くのは
かなり苦痛でした。
東鳳翩山から降りて来ると出会う
切通しの峠。
美しい・・・

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 山口情報へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
c0197004_1637242.jpg

六軒茶屋跡(一ノ坂駕籠建場跡)付近。
萩往還最大の難所の途中に位置し、往還沿いに6軒の茶店があったことからこの名がある。
藩主の休泊所である駕籠建場も併存する。
c0197004_16374050.jpg
c0197004_16375174.jpg
c0197004_1638193.jpg
c0197004_16381350.jpg

萩往還の入口付近。
錦鶏の滝に向かう東鳳翩山登山口の側です。
c0197004_16382381.jpg
c0197004_16383179.jpg

萩往還(はぎおうかん)は、江戸時代に整備された街道の一つ。
長門国の城下町である萩(現在の山口県萩市)と周防国三田尻(現在の山口県防府市)とを
ほぼ直線に結ぶ全長約53キロメートルの街道です。
関ヶ原の戦いで敗れた毛利氏が萩城に居を移した後の慶長9年(1604年)
城下町萩と主要街道である西国街道(山陽道)とを連絡する参勤交代道として整備された。
参勤交代道や山陽道への連絡道としての機能の他
日本海側の萩と瀬戸内側の商港であった中関港とを結ぶ役割もあった。
(Wikipediaから)
[PR]

by yamasyakuyaku | 2010-06-09 16:50 | あちこち | Comments(2)
2010年 06月 07日

東鳳翩山

東鳳翩山(ひがしほうべんざん)

先月の例会で登った山です。
標高734.2m。
岩崎元朗さんの新日本百名山にノミネートされているとの事です。

山口市の近郊にあり
独立峰で眺めが素晴しく
山口市民に人気があると言うのも頷けました。

国宝瑠璃光寺の側を通ってアプローチ
錦鶏の滝経由で山頂を目指しました。

錦鶏の滝。
c0197004_2041993.jpg

山頂
岩崎元朗、新日本百名山と表示。
c0197004_204387.jpg

山頂から山口市内方面を見る。
c0197004_2045187.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2010-06-07 20:07 | あちこち | Comments(0)
2010年 06月 03日

錦川は、美しい!

岩国の錦川は、本当に美しい!

錦帯橋ばかり、注目されているけど
錦川そのものが美しく、魅力的。

人工的な護岸ばかりでなく
自然な雰囲気の箇所があちこちに散見される。
c0197004_2319513.jpg

川縁の緑に寄り添う木造船。
c0197004_23193926.jpg
c0197004_2320132.jpg

輝く波が作り出す美しい水面。
c0197004_23203141.jpg

下流でもこの水の美しさ。
c0197004_23205118.jpg

楠町辺りから愛宕橋方向を眺める。
c0197004_232112.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2010-06-03 23:29 | 散歩 | Comments(2)