歩人庵の住まい徒然

hoteiaoi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 29日

ウズベキスタン・ブハラ(12)ブハラの路地、人

ブハラの路地と人をちょっと・・・

お仕事中。
c0197004_21371935.jpg

c0197004_21375084.jpg

ガス管とメーターが空中に・・・
c0197004_2138499.jpg

電柱を継いでる。
c0197004_21372992.jpg

c0197004_2138288.jpg

煙突が路地に・・・
c0197004_21373944.jpg

化粧してない素顔の煉瓦が魅力的。
c0197004_21381523.jpg

我々が泊まった、なかなか立派なアジア・ブハラホテル。
タキ・バザールの直ぐ側にあります。
後で知ったのだが
我々をガイドしてくれたカッコイイお姉さんは
東京外大留学経験があり
父親はソ連時代のブハラ共産党書記長(本人は市長だと言ってたような・・・)
母親は、お医者さんという典型的エリート家族の娘さんだった。
将来は、外交官になるんだとか・・・
c0197004_15163751.jpg

c0197004_157230.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2010-08-29 21:49 | ウズベキスタン | Comments(0)
2010年 08月 25日

ウズベキスタン・ブハラ(11)タキ・バザール

タキ・バザール

タキとは 『丸屋根』 の意味。
道路の交差点をドーム型の屋根で覆ったバザールで
観光用のお土産屋さんが商売していました。

以前は五つのタキがあったそうですが、現在では三つだけ残っています。
お土産に興味の無い私ですので
バザール内部の写真は、殆ど撮っておりませぬ。

タキ・ザルガランは、宝石商市場。
c0197004_13293656.jpg

c0197004_13295844.jpg

タキ・サラファンは、両替屋。
c0197004_13301748.jpg

バザール内部。
c0197004_13303170.jpg

タキ内部見上。
c0197004_13305319.jpg


タキ・テルパクフルシャンは、帽子市場との事だが
写真、見当たらず・・・


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

[PR]

by yamasyakuyaku | 2010-08-25 13:39 | ウズベキスタン | Comments(0)
2010年 08月 23日

ウズベキスタン・ブハラ(10)ラビハウズ

ラビハウズ

ハウズとは石垣でキレイに四角く取り囲んだ「池」の意味との事。

ブハラは元々
200近くのハウズがあった水の都だったが
ソ連時代にほとんどが埋められてしまい
現存するハウズは6つだけだそうです。

ラビハウズは1620年に作られた46m×36mの大きさの池で
「力ずくのハウズ」と呼ばれていたそうだが
その由来は、以下。

アブドゥールアジス・ハーンの大臣のナディール・ディヴァンベギが
現在の場所に大きな池を作りたいと思って
地主のユダヤ人女性に土地を売ってくれるように頼んだが
彼女が断ったため、ナディール・ディヴァンベギは
彼女の家の下に運河を通させた。
すると運河の水が家を流し始めてしまい
彼女は家を泣く泣く手放さざるを得なかったそうな。

権力者が取る行動としては
メチャメチャまだるっこい気がしないでもないですけど・・・

にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。

今現在、池の廻りは
喫茶店やレストランが取り囲み
市民の憩いの場となっている。
c0197004_1647675.jpg

Mulberry Treeとは桑の木の事。
500年以上前に植えられた古木。
サスガ、シルクロード。
c0197004_16465526.jpg

c0197004_1647171.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2010-08-23 16:55 | ウズベキスタン | Comments(0)
2010年 08月 07日

涼風を求めて?三葛(みかずら)のツムギ谷へ。

涼風を求めて?でも無いんですけど
年寄3人でちょっとした沢を楽しんで来ました。

沢登をして来た!なんて言えたら良かったんですけど・・・
残念ながら、そんな実力もございません。

少しだけ、ザイルのトレーニングをして来た・・・・?
一応、ヘルメット、ハーネス着けた一丁前のカッコして。

行った処は、島根県匹見町三葛(みかずら)のツムギ谷。

写真にはありませんが(撮ろうと思ったのですが未熟で失敗)
「ミヤマカラスアゲハ」(多分)の群舞に出会い、興奮。

蝮にも出会い、こちらは、寒気。
同行した一人の方は、全く蝮を恐れない人で
二匹をあっと言う間に捉えて、ビニル袋へ。

蝮は、途中、島根県河川管理の方に出会ったので、無理やり委託。

沢の滝の風景です。
人が殆ど入っていなくて、さすがに下界よりは、涼しかったです。
c0197004_15334993.jpg
c0197004_153477.jpg
c0197004_15342314.jpg
c0197004_15343428.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2010-08-07 15:50 | あちこち | Comments(0)