歩人庵の住まい徒然

hoteiaoi.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

ルーシー・リーとハンス・コパー

ルーシー・リーとハンス・コパー
共に気になっていたのですが
暇とお金の遣り繰りが付かない内に、両方共、展覧会最終日、6月26日が
近付いてしまいました。

両方共行きたい!
しかしながら
ルーシー・リーは、萩の山口県立美術館・浦上記念館。
ハンス・コパーは、静岡の静岡美術館。

遠いデハナイカ・・・・!

で、貧乏人の解決策として
バスを乗り継いで両方見に行く事に決定。

25日(土)朝の一番列車・岩国→→新山口。
新山口・路線バス→→萩。

ルーシー・リー展鑑賞・萩散策。

萩・路線バス→→新山口・列車→→広島。
広島・夜行バス→→26日・名古屋・高速路線バス→→静岡。

ハンス・コパー展鑑賞・白井晟一の石水館(芹沢銈介美術館)

静岡・高速路線バス→→名古屋・夜行バス→→広島・電車→→岩国(27日未明帰宅)。

展覧会の方は
両方共、素晴らしかった。
ルーシー・リーは、一度、信楽で見てるんだけど、ヤッパリ良かった。

ルーシー・リーとハンス・コパーは、工房のパートナーとして
一緒に仕事をしていたんですね。
多分、二人の出会いが無かったら、二人の素晴らしい作品群も無かったでしょう。
お互いにインスパイア?してたんですね。

ルーシー・リーの女性らしい柔らかさ、自由さ、色使いが魅力的。
しかも、彼女の風貌が、とっても品があり、作品以上?に魅力的。

ハンス・コパーの研ぎ澄まされ、余分なものを削ぎ落としたオブジェが巣晴らしい。
両方の作品に言える事だが
場を支配する力のようなものがある。

静岡美術館では
アクリルの箱に入ったハンス・コパーの作品が
碁盤目に陳列された部屋があったのだが、この陳列が良かった。
一直線上に並んだハンス・コパーの作品の重なりが
別の魅力を引き出していたように思えた。
c0197004_149892.jpg

c0197004_1492227.jpg

c0197004_1495046.jpg
c0197004_1493585.jpg

萩の美術館では別館の陶芸館で
地元の陶芸家の展示がされていた。
ついで?に見てきたのだが、イマイチ魅力に欠ける。
よく言えば、自由奔放、悪く言えば、無定見。
あの自由奔放さは、三輪龍作氏(12代休雪)の影響が強いのかもしれないが
萩焼の前途にとって、どうなんだろう?

ルーシー・リーにしてもハンス・コパーにしても
自分に縛りを掛け、同じ事を何年も続ける事によって
作品の厳しさ、力、洗練を生み出し得たと思う。

今回の鑑賞旅行では
自分に縛りを掛ける事が、如何に重要か、考えさせられました・・・・・・デスネ。
[PR]

by yamasyakuyaku | 2011-06-30 14:34 | アート | Comments(0)
2011年 06月 23日

散歩の途中で・・・・・出会った虫たち(4)バッタの仲間、ウマオイ?かな・・・

もう牡丹の季節は、とっくに過ぎ去りましたが
花の中にちょこなんといらっしゃいました。

ウマオイかなと思いますが
解りません・・・・残念ながら。

自分で言うのもなんですが
牡丹とバッタの組み合わせって
日本画なんか取り入れられそうな位、決まってますね。
c0197004_18165596.jpg
c0197004_18164420.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村クリックしていただけるとウレシイ!
[PR]

by yamasyakuyaku | 2011-06-23 18:18 | 散歩 | Comments(0)
2011年 06月 19日

散歩の途中で・・・・・出会った虫たち(3)名前、全く解りません。

名前、全く解りません。
マーガレットに齧り付いておりました。

よく見ると、なかなか不思議な色と形をしております。
半透明に見える背中のブツブツと足。
c0197004_0131815.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2011-06-19 00:16 | 散歩 | Comments(2)
2011年 06月 03日

散歩の途中で・・・・・出会った虫たち(2)キリギリスの仲間?

ウーンッ!
実は、虫の名前、全く詳しくありません。

ネットで調べて見たのですが
確定出来ません。
ツユムシのようでは、あるんですが・・・・

お解かりの人、いらっしゃいましたら
教えて下さい。
c0197004_022536.jpg

[PR]

by yamasyakuyaku | 2011-06-03 00:03 | 散歩 | Comments(2)