<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 27日

佐川美術館と楽吉左衛門館

行きたい、行きたいと思いつつ行く事が出来なかった佐川美術館。

当代楽吉左衛門さんファミリーが、「初めての、そして最後の親子展」をやっていると言う事で

見に行って参りました。

茶室も是非見たかったので、あらかじめ申し込んでおいて、その時刻に合わせて美術館へ。

茶室がスゲッ!

水底に埋め込まれた、路地、寄り付き、待合、蹲、小間(盤陀庵)の展開と空間強度がスゴイ。

茶の湯の根源を見据えた楽さんだからこそ、出来たんだろうナア。

我々の業界に茶室を設計する人は、なんぼでもいるだろうが、茶の湯の基本を踏まえつつ

この前衛的とも言える茶の湯空間を、発想し実現した人は、居なかったと思う。

感嘆しつつも、嫉妬と羨望を交えた複雑な気分です。

c0197004_17534052.jpg

美術館を眺める。
c0197004_1814736.jpg

円柱と水で構成されたアプローチ。
c0197004_1821065.jpg

広間「俯仰軒」は、水面の上。
畳面が水面と同じ高さに設定されているそうな。
c0197004_1822682.jpg

葦の庭?が何とも言えず素晴しい。
雪景色もさぞかしだろうナア・・・・・
c0197004_1825732.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村クリックしていただけるとウレシイ!

歩人庵のHP
環境建築設計工房

homifyとhouzzにも掲載しています。

homify での 酒井光憲・環境建築設計工房

Houzzに登録している岩国市麻里布町, 山口県, JPの酒井光憲さん

[PR]

by yamasyakuyaku | 2016-05-27 18:16 | あちこち | Comments(0)
2016年 05月 23日

杉本博司・趣味と芸術ー味占郷(みせんきょう)・細見美術館

この展覧会は、凄い!

お薦めです。

何年か前、金沢21世紀美術館で杉本博司の展覧会を見て、感動しました。

自分の作品を含めて、時代を超えて、アートを選択、再構成する彼の目の確かさに驚かされました。

「和漢の境を紛らかす」と言う茶の湯の言葉が、彼ほど当て嵌まる人は、他にはいないのでは無いでしょうか?

金沢21世紀美術館の展示程、大規模では有りませんが、密度の濃い内容です。

それにしても、日本の表装って、素晴しい!ARTだ!

白井晟一と堀口捨巳の書が取り上げられていたのには、ちとビックリ。

有名人を使った解説は、少しイヤミでしたけどね。
c0197004_1649531.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村クリックしていただけるとウレシイ!

歩人庵のHP
環境建築設計工房

homifyとhouzzにも掲載しています。

homify での 酒井光憲・環境建築設計工房

Houzzに登録している岩国市麻里布町, 山口県, JPの酒井光憲さん

[PR]

by yamasyakuyaku | 2016-05-23 16:58 | あちこち | Comments(0)
2016年 05月 23日

茶碗抄・・・・・逸翁美術館

「王羲之から空海へ」を見た後、逸翁美術館へ。

ここでは、「茶碗抄」なる展覧会。

この美術館は、行った事無かったんだよなあ。

分かり易くて、良い展示だったんだけど、日にちが経ったんで、忘れてしもうた・・・・・・

やっぱり、野分と名付けられた井戸茶碗かなあ。
c0197004_1633436.jpg

c0197004_1634818.jpg
c0197004_164071.jpg
c0197004_1641058.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村クリックしていただけるとウレシイ!

歩人庵のHP
環境建築設計工房

homifyとhouzzにも掲載しています。

homify での 酒井光憲・環境建築設計工房

Houzzに登録している岩国市麻里布町, 山口県, JPの酒井光憲さん

[PR]

by yamasyakuyaku | 2016-05-23 16:06 | 茶碗 | Comments(0)
2016年 05月 15日

王羲之から空海へ

「王羲之から空海へ」
柄にも無く、書の展覧会へ行って来た。
大阪市立美術館で開催されている「王羲之から空海へ」
書聖と言われている王羲之の凄さって、私みたいな素人には、分かりかねる・・・・・実際の処。
堂々としとるナア・・・・なんて感じる位。
書聖と崇め奉られているのに、真筆は残っていないそうで、我々が「スゴイ」と思って見ているのは
全て、模写か拓本だそうな。
よくよく考えてみれば、王羲之の書体を忠実に伝えている
拓本の元の石彫りが超絶技巧であると言う事なんでしょうね。

日本人なんで、ナルホドと思ったのは、漢字を取り入れてから
日本風に変容させて行く過程です。
日本人って、海外の文化をその儘取り入れるんじゃ無くて
必ず倭(和)の文化に適応、変容させて行くようです。
私が興味を持っている「茶碗」の世界と同様なものを感じました。
室町時代に入って来た完成度の高い「天目茶碗」から、融通無碍で不完全な美である
「志野、織部茶碗」への過程です。

国宝、重文だらけの展示で、しかも書には、からっきし素人の私が
コメントするのは、憚られるんですが
国宝の空海の書が3点並んでいるのは、圧巻でした。
ホーッ、これがかの有名な「風信帖」か・・・・・てな具合。

他に興味を引いたものを列挙すると

いかにも日本的で、煌びやかに装飾された色んな「経」
断簡を素晴しい表装で仕立てた軸の数々・・・・・これぞ「日本」と感じさせるものでした。
池大雅、良寛の書・・・・・時代が近いせいか、何か、ホッとする。

c0197004_1646122.jpg

c0197004_16463634.jpg
c0197004_1646479.jpg
c0197004_1646579.jpg


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 山口県情報へ
にほんブログ村クリックしていただけるとウレシイ!

歩人庵のHP
環境建築設計工房

homifyとhouzzにも掲載しています。

homify での 酒井光憲・環境建築設計工房

Houzzに登録している岩国市麻里布町, 山口県, JPの酒井光憲さん

[PR]

by yamasyakuyaku | 2016-05-15 17:07 | あちこち | Comments(0)